Japanese ceramics and artisan made housewares

福井 賢治

1972年生まれ
祖父の代から続く木地職人(神棚や仏壇の製造)の家系で育つ。
訓練校で本格的に木工を学び、家具製作、神仏具製造の職を経て自分のスタイルでモノづくりを始める。天然木を使用し、暮らしになじんでゆくモノづくりを提案している。