Japanese ceramics and artisan made housewares

喜八工房

山中漆器の上塗師、二代目喜八が明治15年(1882年)に産地製造卸「喜八工房」として創業。
伝統工芸山中漆器の中では一番の老舗である。一流の技術を持つ木地師、下地師、塗師、蒔絵師を擁し
、国産にこだわり、歴史に裏打ちされたデザイン力で、伝統的なものから現代的なもの、高級品から日用雑器
まで、幅広いものづくりを手がけている。