Japanese ceramics and artisan made housewares

吉田 直嗣

1976年生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。
2003年富士山のふもとに築窯。器を中心に制作しています。

「僕にとって器を作るということは、自分の中の核のような部分をどう表現するかだと思う。そのためにいつも思考し、作ります。僕の器を見た人の核に響く事を願って。」

*作品を近日中にアップ致しますので、再度ご覧下さい。