Japanese ceramics and artisan made housewares

吉川 和人

1976年生まれ 福島県出身・慶応義塾大学商学部卒業後、株式会社カッシーナ・イクスシーにて勤務。
在職中に一年間の育児休暇を取得と同時に渡仏。・2012年に同社を退社し、岐阜県立森林文化アカデミーにて木工技術の基礎と日本の森林文化を学ぶ。

現在は東京で制作活動中。滑らかな肌のような質感、同じものがひとつとない模様、香り、密度と重さ。
かつて生き物だった素材のみが持つやわらかな命の気配と官能性をまとっています。
その魅力をひきだしながら、普段の生活に楽しみと潤いをもたらせるようなものを
作って行きたいとおもっています。